一般書および邦文誌

一般書(家森幸男著):
『長寿の秘密』(法研)
『長寿の秘訣は食にあり』(マキノ出版)
『世界の長寿レシピ』(主婦の友社)
『Dr. Yamoriの長寿食のススメ』(淡交社)
『カスピ海ヨーグルトの真実』(法研)
『カスピ海ヨーグルト効果倍増レシピ』(アスコム)
『カスピ海豆乳ヨーグルトダイエットレシピ』(法研)
『ついに突きとめた究極の長寿食』(洋泉社)
『やっぱりすごい!カスピ海ヨーグルトの健康力』(法研)
『大豆は世界を救う』(法研)
『大豆ダイエットレシピ』(法研)
『栄養学のABC』(朝日新聞社)
『長寿の謎を解く』(NHK出版)
『110歳まで生きられる!脳と心で楽しむ食生活』(NHK出版)
『「長寿食」世界探険記』(筑摩書房)
『食でつくる長寿力』(日本経済新聞出版社)

邦文誌(2006年以降):
 

- 2008 -

1. 森真理、森英樹、家森幸男:内蔵脂肪蓄積と食品機能成分:特にスローカロリーシュガーについて-日本人の食生活と砂糖;新しい糖,スローカロリーシュガー. Functional Food, 1: pp153-157, 2008
   
2. 家森幸男:長寿食は存在するか-世界の長寿国の習慣に学ぶ. 日医雑誌, 136: pp2356-2360, 2008.
   
3. 家森幸男:健康長寿は日中共通の目標. 日中医学, 23: pp25, 2008.
   
4. 家森幸男:世界調査に学ぶ長寿の秘訣 調理法の違いで長寿食が短命食に. ASKA, 株式会社メディカルレビュー社: pp8-9, 2008.
   
5. 家森幸男:東西の長寿食に学ぶ. 文藝春秋季刊春号: pp43-44, 2008.
   
6. 家森幸男:WHOの疫学研究-世界からみた長寿の栄養因子. 高血圧ナビゲーター第2版, 株式会社メディカルレビュー社: pp42-43, 2008.
   
7. 家森幸男:世界の民族のアンチエイジング. アンチエイジング医学, 4, メディカルレビュー社: pp82-84, 2008.
   
8. 家森幸男:遺伝を克服する長寿食 環境・食生活を変えれば長寿になれるASKA, 株式会社メディカルレビュー社: pp8-9, 2008.
   
9. 家森幸男:京都鴨沂会第十四回教養講座「長寿と食生活」-世界に学ぶ「きれいで元気の秘訣」. 鴨沂会誌, 145: pp13-16, 2008.
   
10. 家森幸男:日本型食生活のススメ. 教職員の生涯設計, 財団法人教職員生涯福祉財団, 61: pp4-5, 2008.
   
   

- 2007 -

1. 家森幸男、Liu, LJ、水嶋春朔、池田克己、奈良安雄:世界の食事と心血管病死亡率. 血圧, 14: pp254-256, 2007
   
2. 家森幸男:大豆イソフラボン~生活習慣病予防栄養因子~. 食品機能素材の開発(監修 太田明一), 266, CMCテクニカルライブラリー, シーエムシー出版: pp232-234, 2007.
   
3. 家森幸男:社長対談25創業、ふたたび. TACT, 冬, 拓人: pp4-7, 2007.
   
4. 家森幸男:アフリカでわかった高血圧、感染症の予防法. ASKA, 株式会社メディカルレビュー社: pp8-9, 2007.
   
5. 家森幸男:世界調査に学ぶ長寿の秘訣-世界的に知られる長寿のコーカサス地方. ASKA, 株式会社メディカルレビュー社: pp8-9, 2007.
   
6. 家森幸男:京のおばんざいに長寿のヒント! 月刊京都, 670, 白川書院: pp46-47, 2007.
   
7. 家森幸男:食生活からアンチエイジングに迫る. Life Style Medicine, 別冊1, 先端医学社: pp66-72, 2007.
   
8. 家森幸男:食物と長寿. メディコピア 食物と健康 生活習慣病の予防を目指して, 47: pp12-30, 2007.
   
9. 家森幸男:高血圧、生活習慣病の世界調査~アンデスの桃源郷、ビルカバンバ. 血圧, 14: pp91-94, 2007.
   
10. 家森幸男:一日一善 一日一回の食生活改善が健康開発につながる. 自分で健康を守る100の知恵, 日経BPムック: pp136-137, 2007.
   
11. 家森幸男:長寿の秘訣に迫る-「青い鳥」は日本にいた. 綜合臨牀, 56, 永井書店: pp2597-2598, 2007.
   
12. 家森幸男:長寿の謎を解く-賢い食生活に鍵. 兵庫県高齢者生きがい創造協会, 11月号, 株式会社ソーエ: pp7, 2007.
   
13. 家森幸男:「大豆が長寿にいい」を確信させてくれた地域が中国・貴陽でした. 健康計画, 02: pp9-10, 2007.
   
14. 家森幸男:食はいのち-"ゲノムプラス"で健康長寿を. 環境と健康, 健康財団グループ: pp300-312, 2007.
   
15. 森真理,相良未木,大西千鶴,今井清富,家森幸男:高血圧の地域栄養戦略の効果―日本人口の1/20を占める兵庫県からの報告-. Therapeutic Research, 28, 第34回高血圧研究会: pp1788-1791, 2007.
   
16. 清水昌毅、家森幸男:福井県民の24時間尿採取法による食習慣と健康状況の調査について. 福井県: pp1-46, 2007.
   
17. 田中靖史、寺島俊雄:蛍光ニューロントレーサー. 実験がうまくいく 蛍光・発光試薬の選び方と使い方(三輪 佳宏 編), 羊土社: pp95-100, 2007.
   
18. 家森幸男:冒険病理学者物語 連載第1回 この世から脳卒中をなくしたい. 健康な子ども, 5月号, 415: pp65, 2007.
   
19. 家森幸男:冒険病理学者物語 連載第2回 100%脳卒中ラットができた. 健康な子ども, 6月号, 416: pp65, 2007.
   
20. 家森幸男:冒険病理学者物語 連載第3回 食事と健康の関連を探るために世界へ. 健康な子ども, 7月号, 417: pp65, 2007.
   
21. 家森幸男:冒険病理学者物語 連載第4回 24時間分の尿で、食事と脳卒中との関係を調べる. 健康な子ども, 8月号, 418: pp65, 2007.
   
22. 家森幸男:冒険病理学者物語 連載第5回 24時間分の尿を採取する方法が完成. 健康な子ども, 9月号, 419: pp65, 2007.
   
23. 家森幸男:冒険病理学者物語 連載第6回 グルジア~百歳が住む村へ. 健康な子ども, 10月号, 420: pp65, 2007.
   
24. 家森幸男:冒険病理学者物語 連載第7回 グルジアの人々の長寿の秘訣. 健康な子ども, 11月号, 421: pp65, 2007.
   
25. 家森幸男:Dr.ヤモリ長寿食を求め世界を旅する~連載第10回~生きたものを美味しく食べる、広東・香港. 健康な子ども, 411: pp23, 2007.
   
26. 家森幸男:Dr.ヤモリ長寿食を求め世界を旅する~連載第11回~世界の長寿のベルト地域は、大豆系かブドウ系である. 健康な子ども, 412: pp23, 2007.
   
27. 家森幸男:Dr.ヤモリ長寿食を求め世界を旅する~連載第12回~大豆で、アフリカの飢餓を救えるか. 健康な子ども, 413: pp51, 2007.
   
※ 家森幸男:Dr.ヤモリ長寿食を求め世界を旅する~連載第1回から第9回~は、2006年の欄に載せております。
   
   
- 2006 -
1. 家森幸男、李南方:日中の伝統食、大豆・魚介類栄養素による高血圧・脳卒中のリスク軽減効果の検証. 日中医学, 21: pp32, 2006.
   
2. 家森幸男:健康食としての日本型食事の特徴―世界調査でわかった抗肥満、抗動脈硬化作用. 床栄養, 109: pp294-298, 2006.
   
3. 家森幸男:食経験の多い大豆イソフラボンの活用. ソフト・ドリンク技術資料, 149: pp213-232, 2006.
   
4. 家森幸男:和食のグローバル化と現代的意義. 農業と経済, 72: pp5-14, 2006.
   
5. 家森幸男:イソフラボンの健康機能性と摂取目標. FOOD STYLE 21 食品の機能と健康を考える科学情報誌, 113: pp39-42, 2006.
   
6. 池田克己、安井菜穂美、山本潤子、奈良安雄、家森幸男:メタボリックシンドロームのモデル動物 自然発症メタボリックシンドロームモデル動物. 日本臨牀, 64: pp339-342, 2006.
   
7. 安井菜穂美、池田克己、Njelekela M、Masesa Z、山本潤子、野口孝則、根岸裕子、三木知博、奈良安雄、Mtabaji J、家森幸男:アフリカ人青年男性におけるアンジオテンシン変換酵素(ACE)多型. Therapeutic Research, 27: 10-12, 2006.
   
8. 森真理:ヘルシーランチによる生活習慣病のリスク軽減効果. 食品工業,12月15日号: pp40-48, 2006
   
9. 家森幸男、森真理、森英樹:大豆イソフラボンと循環器疾患、蕎麦と血圧. , 13: 171-174, 2006.
   
10. 根岸裕子、家森幸男: 高血圧予防. 茶の効能と応用開発, (伊勢村 護監修), シーエムシー出版: pp87-94, 2006.
   
11. 家森幸男、森真理、山岡節子、森英樹:エイジングの生活習慣改善による予防. ンチエイジング医学―その理論と実践―, 診断と治療社: pp138-146, 2006.
   
12. 家森幸男:書評 ゲイリー・ポール・ナブハン著『辛いもの好きにはわけがある-美食の進化論』.  科学, 76, 岩波書店: pp752-753, 2006.
   
13. 家森幸男:世界の長寿食には共通点があった. ゆうさわやか・冬養: pp14-15, 2006.
   
14. 家森幸男:世界調査からみたイソフラボンの効果と安全性. イソフラボン倶楽部Feve: pp10, 2006.
   
15. 家森幸男:食はいのち∶世界調査から食育を考える. 日本小児科医会会報, 32: pp78-80, 2006.
   
16. 家森幸男:脳卒中の予知・予防による健康長寿社会の実現について. Monthly IHEP 医療経済研究機構レター, 148: pp1-10, 2006.
   
17. 家森幸男:「大豆と減塩」が血圧、抗肥満に効果.  Medical Tribune, 39, 第21回国際高血圧学会: pp13, 2006.
   
18. 家森幸男:私のアンチエイジング ライフ. 日本抗加齢医学会雑誌, 2: pp88-90, 2006.
   
19. 家森幸男:Dr.ヤモリ長寿食を求め世界を旅する~連載第1回~「24時間尿」を集めるために世界25カ国、61地域をかけ巡る. 健康な子ども, 402: pp21, 2006.
   
20. 家森幸男:Dr.ヤモリ長寿食を求め世界を旅する~連載第2回~赤ワインで長生きするフランス人. 健康な子ども, 403: pp21, 2006.
   
21. 家森幸男:Dr.ヤモリ長寿食を求め世界を旅する~連載第3回~イソフラボンは食べる化粧品. 健康な子ども, 404: pp21, 2006.
   
22. 家森幸男:Dr.ヤモリ長寿食を求め世界を旅する~連載第4回~一日一膳、サラリーマン向け「ヘルシー弁当」の効果. 健康な子ども, 405: pp21, 2006.
   
23. 家森幸男:Dr.ヤモリ長寿食を求め世界を旅する~連載第5回~コーカサスから持ち帰ったヨーグルトの効き目. 健康な子ども, 406: pp21, 2006.
   
24. 家森幸男:Dr.ヤモリ長寿食を求め世界を旅する~連載第6回~マサイ族が守るヨーグルトの血の掟. 健康な子ども, 407: pp21, 2006.
   
25. 家森幸男:Dr.ヤモリ長寿食を求め世界を旅する~連載第7回~地の恵みを愛し食する長寿の地域. 健康な子ども, 408: pp21, 2006.
   
26. 家森幸男:Dr.ヤモリ長寿食を求め世界を旅する~連載第8回~世界を救うブラジルの大豆. 健康な子ども, 409: pp21, 2006.
   
27. 家森幸男:Dr.ヤモリ長寿食を求め世界を旅する~連載第9回~保存食はいらない。新鮮なものが食べられる地域. 健康な子ども, 410: pp22, 2006.