世界健康フォーラムの開催趣旨

フォーラムの開催趣旨
日本をはじめ世界各国が少子高齢社会に突入しつつある現在、脳卒中や心筋梗塞などの血管病が、今世紀中にすべての国で最も多い死因になるとWHOは予測しています。
"人は血管とともに老いる"血管病の予防は、我が国に多い脳血管性認知症の予防も含めて単なる長寿ではなく、健やかな長寿実現のための最も確実な方法と言えます。
栄養によってこれらの血管病を予防できることを実証した日本における基礎医学の 成果は、1985年に厚生省の後援によって開催された「活力ある長寿のための循環器疾患予防に関する国際シンポジウム」以来、20余年以上をかけたWHOの国際共同研究として稔り、人類にも確実に応用出来るという明るい見通しを生みつつあります。
「世界健康フォーラム」はNPO法人世界健康フロンティア研究会(理事長 家森 幸男)がWHO(世界保健機関)の支援を受け、20余年かけて世界25カ国61地域を回り「食」と「健康」の関係を血液や24時間尿のバイオマーカーを調べる方法で分析し、その最新成果により"たとえ遺伝子があっても栄養による予防が可能"という「ゲノムプラス」のコンセプトの基に、"健康で健やかに生きる"ための「食」の重要性を世界中の人々に理解しやすい形式で披露し健康増進、長寿、生活習慣病予防に役立てるフォーラムで、毎年WHOの共催、ユネスコの後援で開催しています。


"健やかな長寿のための福音"を、世界の人々に広くわかち、みなさまと共に健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指しております。

家森幸男